トイレの水漏れと賃貸物件での負担

賃貸物件でトイレの水漏れが起きた場合、借り主と貸し主のどちらの負担となるかは気になりやすいところです。できるだけ費用をかけないということを考えると、どう対応すればよいかを把握することに大きな意味があります。

■貸し主の負担となる場合が多い

トイレの水漏れトラブルは賃貸物件で借り主の過失がない場合、修繕費を貸し主が負担し、修理を行うというケースが多く見られます。自分で修理をしようとして部品を壊してしまうと過失とみなされてしまいます。
トイレの水漏れの修繕費は火災保険で負担ができないことも覚えておいた方が良いでしょう。特約がある場合は借り主負担の可能性もあります。


■まずは管理会社に連絡

トイレで水が漏れていることを確認した時、まず管理会社に修理ができるかを確認しましょう。管理会社が修理できない場合に、一般の専門業者に依頼をして現地で見積もりと修理を行うことが望ましいです。
どうしてもさまざまな手順を踏むことになるため、時間がかかってしまうことも少なくありません。しかし、余計な費用を支払わないためには段階を踏むことが大切です。部品の購入間違いや取り付けミスによって費用がかさむことを考えるのなら、専門業者に依頼することを考えた方が安心です。

■まとめ
トイレで水漏れが起こった時、借り主側の過失の有無が重要ではあるものの、経年劣化による原因が多く、結果的に貸し主が負担する例が多くなっています。余計な費用をかけないためにはまず管理会社に問い合わせをするようにします。自分で修理ができる場合においてもまずは確認し、それから判断しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ