トイレの水漏れの原因を徹底分析

トイレの水漏れは頻繁に発生するトラブルではありませんが、被害が大きくなるからこそ注意すべきです。専門業者に依頼するのが最も確実な解決策ではありますが、何が原因であるのかを知ったうえで、適切な対処を行うことが大切です。

■トイレで水漏れが起きる様々な原因

なぜトイレで水漏れが起こるのか、その原因は多岐にわたります。まずはホースや接続部の問題、トイレタンク内の問題、トイレタンク外装の問題に注目しましょう。これらの場合は自分で修理をできる場合があります。
便器の破損やウォシュレットの故障の場合は専門業者に依頼すべきです。トイレの床からの水漏れの場合は排水パイプの劣化で確定と考えて問題ありません。温水洗浄便座からの水漏れは電源プラグを抜いてノズル部分や操作パネルの下や便座の脇をチェックしましょう。

■応急処置が肝心

トイレの水漏れは自分で修理することも状況によっては考えられますが、まずは被害の拡大を防ぐことを念頭におくべきです。トイレの水漏れは汚水が混ざる可能性もあるため、まずはトイレの使用を中止することが大切です。どういった原因であっても、水を流すことを止めたうえでどう対処すべきかを考えるのが望ましいです。


■まとめ
水漏れの原因が判明すれば、自分で修理できるかどうかの判断もできるようになります。そして、まずはトイレを使用することを避け、漏れ出た水分を早急にふき取りましょう。これ以上被害が拡大してしまうことのないよう、冷静かつ素早い対応が求められます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ