トイレの水漏れ修理にかかる料金の相場はどれくらい?

トイレの水漏れの修理を専門業者に依頼する場合の費用は、どういった内容であるかによって異なるものです。そして、自分で修理できる場合は大幅に費用を軽減できます。かかる費用を事前に把握しておけば、より良い専門業者へ依頼できることにもつながります。

■トイレの水漏れ修理にかかる費用の相場とは

浮き球、フロートバルブ、ボールタップ、鎖の故障の場合、専門業者に依頼すると8,000円から11,000円ほどの費用がかかります。しかし、これらは部品の交換で対応ができるため、自分で修理ができる場合は新しい部品を購入して取り付けることも視野に入れた方が良いでしょう。便器とタンク間からの水漏れは10,000円から12,000円ほどの費用がかかります。そして、便器交換が必要な場合は100,000円以上の費用がかかることを覚えておく必要があります。
一般的な相場で見たとしても、それなりに費用がかかります。かといって自身で対応する場合は、部品や工具を用意する必要性が生じるので、思っているより依頼した場合と金額的な差が出ないこともあるでしょう。

■まずは自分で対応できるか確認

トイレの水漏れは自分で修理ができる場合も少なくありません。経年劣化によって部品交換が必要である場合も出てくるため、まずは確認をすることが求められます。しかし、当然ながら自分では修理ができないと判断した場合は、専門業者に依頼すべきです。



■まとめ
修理にかかる費用の相場を把握しておけば、いざというときに役立ちます。そして、専門業者に任せた場合、10,000円近くかかることも場合によってはあります。素人には全く手がつけられないような故障でなければ、自分で修理できるかどうかも模索した方が良いと言えます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ