トイレの水漏れを自分で修理するために必要な道具とは

トイレの水漏れはいつ起こるか分からないものです。毎回専門業者に依頼することが最も確実であるものの、経済的な負担が気になるところです。そのため、自分で修理することも視野に入れた方が良いでしょう。必要な道具を買い揃えておけば、もしもの場合に備えることができます。

■トイレの水漏れ修理に必要な工具

トイレの水漏れは、専用の道具を用意して修理する必要があります。水が流れなくなったり、流れが悪くなるなどすでに使用不可になったときは、ラバーカップが必要です。衛生面を考慮しての手袋、外壁や周囲の保護のためのの新聞、その他清掃用具や洗剤、バケツなども用意しましょう。
さらに、ナットを緩めるためのレンチ、機械工具類や専門用具、ペンチ、ドライバー、それぞれの部品を交換するためのパーツも必要です。これらすべての道具はホームセンターなどで簡単に購入をすることができます。

■止水栓を閉めて被害を最小限に

トイレの水漏れを直す前に、まずは止水栓を閉めて、今以上に被害が広がってしまわないように対処をすることが肝心です。まず、状況を正確に確認し、水漏れ、トイレ自体のひび、漏水、金属疲労や漏水箇所の特定など、故障の原因をつきとめ、応急処置をして水がこれ以上漏れないようにすることが肝心です。



■まとめ
トイレの水漏れを直すためには必要な道具を自分で用意することをまず考えるべきです。もしもの場合に備えておけば、被害を最小限に食い止めいざというときに役立ちます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ