トイレタンクからの水漏れでの確認事項

トイレタンクからの水漏れにおいて、確認すべき箇所は外側と内側にあります。外側に原因がある場合は接続部の部品に異常がある可能性が疑われ、内側の場合はぱっと見では判断できません。トイレタンクから水が出ている時は何をすべきか頭に入れておいた方が良いでしょう。

■トイレタンクをチェック

トイレのタンクから水が漏れている時は、まず止水栓を閉めるようにしましょう。水漏れ被害を拡大させないための基本ですが、もし探しても見つからない時は、水道の元栓を閉めれば一時的に水の供給を止めることができます。
次に、多くの場合でトイレタンクの外側が破損している可能性が高いため、ナットが緩んでいないかをチェックしましょう。緩んでいた場合、しっかり締めるだけで解決できることも少なくありません。

■トイレタンク内部の原因

トイレタンクの内部に問題ないか確認するため、蓋を開けてみましょう。内側にある部品の鎖などが引っかかっていたり、汚れで正しく動かないようになってしまっていたりすると、水漏れの原因になりかねません。故障ではなく不具合がそれなりに発生することもありますが、自身で部品の位置を元に戻してあげると、解決することも多々あります。


■まとめ
トイレタンクからの水漏れは、自身で修理できるケースが少なからずあります。まずは被害の拡大を防ぐための対応をしましょう。そして、簡単なトラブルであるかを確認したうえで、専門業者に依頼することも視野に入れるようにしましょう。まずは何を確認すべきかを把握することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ